教養・歴史書評

『SDGs(持続可能な開発目標)』 蟹江憲史著 中公新書 920円

    『SDGs(持続可能な開発目標)』 蟹江憲史著 中公新書 920円

     多くの企業が、もはや常識といっていいほど、SDGsへの対応に言及している。SDGsは、気候変動への具体的な対策を促す一方で、「持続可能な経済成長、完全かつ生産的な雇用」も目標にしている。つまり、従来は同時達成できないとされた環境保護と経済成長を融合させた初めての国際合意だ。本書では、企業や自治体の取り組み、「貧困をなくそう」など17の目標と付随する169のターゲットの解説など、SDGsの全体像を見渡すことができる。(T)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事