教養・歴史書評

『SDGs(持続可能な開発目標)』 蟹江憲史著 中公新書 920円

『SDGs(持続可能な開発目標)』 蟹江憲史著 中公新書 920円

 多くの企業が、もはや常識といっていいほど、SDGsへの対応に言及している。SDGsは、気候変動への具体的な対策を促す一方で、「持続可能な経済成長、完全かつ生産的な雇用」も目標にしている。つまり、従来は同時達成できないとされた環境保護と経済成長を融合させた初めての国際合意だ。本書では、企業や自治体の取り組み、「貧困をなくそう」など17の目標と付随する169のターゲットの解説など、SDGsの全体像を見渡すことができる。(T)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事