週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

科学的根拠なき政策形成=高野久紀

    今年月の連休では「Go To トラベル」の利用者も
    今年月の連休では「Go To トラベル」の利用者も

     近年、「科学的証拠に基づく政策形成(EBPM=Evidence-based Policy Making)」を求める声があちらこちらで上がっている。先の国会で、野党議員が「エビデンスはあるんですか」と時の首相に質問したのは、その文脈がどうであれ、エビデンス(科学的根拠)という言葉を20年近く前から使い続けている我々としては、隔世の感があった。

     10年ほど前に筆者の共同研究者が日本の某援助機関にエビデンス形成のための政策評価の打診をしても、返ってくる言葉はほとんどが「効果があるのは分かっているのに、なぜ評価が必要なのか」「くれぐれも現場の邪魔にならないようにしてくれ」というものだった。

    残り2509文字(全文2804文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット