週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

新規事業に承認はいらない=碇邦生

    閉塞感打破する仕掛け必要

     新規事業の開発は、企業規模や事業内容を問わず、ほとんどの企業で緊急度の高い課題となっている。例えば、地方百貨店は既存のビジネスモデルでは立ち行かないと指摘されながらも、長年打つ手がないまま糊口(ここう)をしのいでいる状態だ。

     民放テレビ局に関しても同様だ。総務省の「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」説明資料では、テレビ営業収入の慢性的な減少傾向が報告されている。地方銀行や住宅業界など、市場規模が縮小傾向にある業界はどこも似たような状態にある。しかし、どの業界も新規事業が重要だとしつつも手を打つことができていない。

    残り2300文字(全文2574文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事