教養・歴史書評

文明の「合散離集」と人口変動を追う中国史=加藤徹

    「人口」は「人の口」だ。想像してほしい。億万の「口」が毎日モノを食べてうごめくさまを。中国史の主役は、英雄でも美女でもない。数千年にわたり増殖と激減を繰り返してきた無数の「口」だ。

     上田信『人口の中国史』(岩波新書、820円)は、先史時代から19世紀まで中国の人口の変動史を追い、数字の裏の歴史を読み解く。

    「これまでの日本の東洋史学の問題点の一つは、王朝ごとの「断代史(だんだいし)」(通史ではなく一王朝の出来事のみ記述すること)を束ねて『中国史』として事足りたとしてきたことである」と言う著者は「合散離集の中国文明サイクル」という見方を提唱する。文明は、安定した段階の「合」、求心力が低下する「散」、新しい文明の可能性が複数生まれ争い合う「離」、そのうちの一つだけが生き残り全体を統合する「集」を経て、最…

    残り546文字(全文899文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事