国際・政治ワールドウオッチ

成都 産業・環境の調和都市へ=王植一

    成都市内では急ピッチで開発が進められている ジェトロ成都事務所撮影
    成都市内では急ピッチで開発が進められている ジェトロ成都事務所撮影

     中国・成都市では現在、都市交通インフラの整備、および沿線の都市開発が急速に進められている。2010年に同市を南北に貫く「地下鉄1号線」が開業したのを皮切りに、現在は計8路線が営業、運行距離は341キロに達した。

     成都市軌道交通集団有限公司(成都軌道交通)の発表によると、20年末までにさらに7路線を増やし、運行距離を518キロまで拡張する予定だという。また、成都市と周辺都市を結ぶ路線も建設中だ。

     駅周辺では、市街地開発の動きも活発化している。成都軌道交通は今年5月、市内16拠点の「公共交通指向型都市開発(TOD)計画」を発表。駅周辺に、住宅、オフィス、教育、医療・養老施設など、多方面にわたる機能を持たせた都市の開発を推進している。こうした動きに合わせて、一部の開発計画には日系の設計会社が参画。新たに開発される市内南部の商業区画には、ホテルオークラの進出が伝えられている。

    残り118文字(全文508文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット