経済・企業バフェットvs商社

三井物産 病院事業を核に事業展開=菅原正人

シンガポールにあるIHH傘下の病院(IHH提供)
シンガポールにあるIHH傘下の病院(IHH提供)

 ヘルスケアでは、2019年3月に、シンガポールやマレーシアなど10カ国で病院を展開する「IHH」の筆頭株主(32・9%)になった。この病院事業が成長戦略の「1丁目1番地」になる。

 商社と病院は従来、結びつきにくかった。しかし、当社は医薬品や医療機器などのトレーディングを通じて製薬業者や顧客とのネットワークがある。人と物とお金など基本要素が集まっており、事業運営の経験が生かせる場だ。最近は投資ファンドも参入しているが、医療というサステナビリティー(持続可能性)が問われる世界では、当社のほうが現場目線で長期的な責任を負うことができる。「三井物産」のブランドが医療業界で認められることは私たちの悲願だ。

 病院事業を含むヘルスケア・サービス分野の純利益は20年3月期で284億円。今後も右肩上がりの計画を立てている。そのための戦略は、まさにデジタル化だ。具体的にはコロナ禍以前より遠隔診療を始めており、現状はシンガポールやインド、トルコなど8カ国に広がっている。やはりコロナの影響があって加速化し、より力を入れていくことになる。利用者の情報管理を徹底しながら整理し、病院の経営そのものに役に立てていく。

残り690文字(全文1191文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事