経済・企業バフェットvs商社

住友商事 小売りの現場でデータ活用=安藤伸樹

データ活用が期待される小売りの現場(住友商事提供)
データ活用が期待される小売りの現場(住友商事提供)

 当社の前身は1919年に設立された大阪北港。今でいうデベロッパーだ。不動産開発で創業し、100年がたった。次の100年を進めていくうえで原点に立ち返りたい。

 ただ、祖業だから生き残るわけではない。そのDNAを受け継いでいく。住友の精神はリストラクチャリング(再構築)すること。古い物を捨てて新しい物にチャレンジする精神がある。

 今、不動産投資のプレーヤーは「オフィスに誰もいなくなる」と身構えているが、市場の見立てと需要にズレが出ていると感じる。多少の値引きはあっても全員が地方移転するわけではない。オフィスにいなければ、自宅で過ごす時間が増え「もう一部屋」の需要も生まれる。人が過ごす場所が変わり、価値ある土地の移動はあるかもしれない。ちまたでは過剰に恐れられているため、こうしたひずみを見て投資をすることは重要だ。

残り1050文字(全文1410文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事