経済・企業バフェットvs商社

神様が認めた日本企業 利益を伸ばす貪欲さ学ぶ=木下聡

    2011年11月に来日し、新工場の視察に訪れたバフェット氏(手前中央)(タンガロイ提供)
    2011年11月に来日し、新工場の視察に訪れたバフェット氏(手前中央)(タンガロイ提供)

     2011年11月21日。バフェット氏は、福島県いわき市に新設した当社工場を視察するため、ヘリコプターで午前11時に到着した。竣工(しゅんこう)式後は工場内を見学し、私たちの説明に熱心に耳を傾けた。

     午後8時に帰るまで、従業員と食事会を通して交流した。和食も用意したが手を付けず、食べたのは肉をパンで挟んだ「プレーンハンバーガー」と「チェリーコーク」だけ。当初、11年の新工場竣工に合わせて3月に来日する予定だった。ただ、東日本大震災が発生し、予定を8カ月延期して実現した。日本の復興の早さにバフェット氏が「よくここまで回復できたな」と、感心していたのが印象に残っている。

     当社が、米バークシャー・ハサウェイが100%出資するイスラエル系工具メ-カーIMCに買収されたのは、リーマン・ショック直後。アジア地域でM&A(企業の合併・買収)を検討していたIMCと持続的成長策を探していた当社との利害が一致した。バフェット氏がIMC株式の8割を取得したのは、当社を買収する2年前の06年。社員を家族のように大切にして、技術力を日々磨き、当時、世界に通用する高いブランド力を持つI…

    残り1128文字(全文1614文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット