経済・企業バフェットvs商社

脱「純血主義」 東京一極集中「お役所体質」の限界=五十嵐雅之

    「海外出張できず買収交渉がストップ」「折角の機会だから調査に没頭」。コロナ禍における総合商社の“日常”である。安全第一でリモートワーク(在宅勤務)を心掛けること、事業構想をじっくりと練りあげることはもちろん大切だが、産業界は動きを止めてはくれない。

     M&A(企業の合併・買収)統計を見ると、2020年₄月以降の半年間で、日本企業による海外企業買収件数が約半減した一方、海外企業による日本企業の買収は、ほぼ横ばいだった。リーマン・ショック(08年)後もそうだったが、景気後退時の投資はリターンが高いことを歴史が証明している。これらが物語るのは、真のグローバル企業なら厳しい環境下でも、優良な事業機会を全世界的に獲得し続けているということだ。

     総合商社は、ここ20年でトレーディングから事業投資に軸足をシフトさせ、巨額の純利益を稼ぎ出すまで成功を収めた。ビジネスモデルは大きく進化したが、組織・人材マネジメントはその変化に追いついていたのだろうか。残念ながら、その答えはノーだ。

    残り858文字(全文1295文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット