経済・企業バフェットvs商社

世界の投資家が再注目 割安に放置された日本株=平川昇二

    Bloomberg
    Bloomberg

     <第2部 市場・歴史編>

     新型コロナの感染を嫌気し大幅調整を余儀なくされた世界の株式は、主要国政府の未曽有の積極財政政策と中央銀行のリスク資産購入による流動性供給を背景に戻り歩調を続けている。

     国別では米国株の上昇が顕著であった。特に米国株のナスダック指数はFANG(フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル)などビッグテック銘柄中心に6月の段階でコロナ前の水準を超え、そこから9月上旬にかけコロナショックで調整した幅と同程度の上昇をみせた。

     一方で日本株の戻りは限定的だ。日経平均株価、TOPIX(東証株価指数)ともにいまだコロナ前の高値を抜け切れていない。

    残り2370文字(全文2657文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット