教養・歴史書評

よみがえる夭折の思想家 仏典研究に一石を投じる=今谷明

     江戸(近世)の思想家といえば、儒学・国学(自然科学では蘭学)と相場が決まっているなかで、商都大坂では、儒学でも国学でもない特異な学説を唱えた町人学者が登場した。世界に先駆けて仏典を実証的に読解し、学問上の研究方法に論理的基礎を置いた富永仲基(なかもと)である。

     釈徹宗(しゃくてっしゅう)著『天才 富永仲基 独創の町人学者』(新潮新書、800円)は、浄土真宗僧侶にして宗教学者である著者が、仲基の学説と人物像を分かりやすく解き明かした新書である。

     仲基は新井白石の執政が終わらんとする頃、大坂の豪商の家に生まれた。父親の道明寺屋吉左衞門は酒としょうゆを商い、大坂の官許学問所懐徳堂を創立した「五同志」の一人。その生きた時代は、将軍徳川吉宗の享保の改革と重なる。仲基はわずか31歳で夭折(ようせつ)したため、同時代人には評価されなかった。

    残り578文字(全文947文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事