教養・歴史書評

『ヒトラーの脱走兵』 對馬達雄著 中公新書 880円

    『ヒトラーの脱走兵』 對馬達雄著 中公新書 880円

     ナチスドイツ国防軍から脱走し、軍法会議で死刑を宣告された兵士は、死後も「裏切り者」扱いで「名誉の戦死者」とは区別された。減刑などで生き永らえても戦後に年金を受給できなかった。しかし「脱走はナチスの戦争に加担しないという抵抗の一つ」との考えが独社会で醸成されていく。本書は、脱走した生存者の一人・バウマンが戦後60年を経て、自身と、死刑執行された戦友の名誉を回復する過程を描く。バウマンの粘り強さに心打たれる。(F)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月27日・8月3日合併号

    変わる! 相続&登記・民法18 日本中の相続・不動産取引を変える法改正のインパクト ■種市 房子20 相続<1>土地・建物…うっかりで大損!? 登記しないと金銭的制裁も ■横山 宗祐22 <2>ますます登記が大事! やらなきゃ「法定相続分だけ」に ■横山 宗祐23 <3>遺産分割も遅れると大変! 相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事