【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『ヒトラーの脱走兵』 對馬達雄著 中公新書 880円

『ヒトラーの脱走兵』 對馬達雄著 中公新書 880円

 ナチスドイツ国防軍から脱走し、軍法会議で死刑を宣告された兵士は、死後も「裏切り者」扱いで「名誉の戦死者」とは区別された。減刑などで生き永らえても戦後に年金を受給できなかった。しかし「脱走はナチスの戦争に加担しないという抵抗の一つ」との考えが独社会で醸成されていく。本書は、脱走した生存者の一人・バウマンが戦後60年を経て、自身と、死刑執行された戦友の名誉を回復する過程を描く。バウマンの粘り強さに心打たれる。(F)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事