国際・政治ワシントンDC

中国への対抗策続々と 米輸銀のオンライン総会=川上直

    リード総裁のリーダーシップをアピールするはずだったが(写真は2019年9月)(Bloomberg)
    リード総裁のリーダーシップをアピールするはずだったが(写真は2019年9月)(Bloomberg)

     9月11~13日に、米国輸出入銀行(米輸銀)の年次総会が開催された。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、オンラインによるバーチャル総会となった。現在の米輸銀の立ち位置を考えると、同行関係者としては、今年は特に通常の形で開催したかったに違いない。

     昨年、同行は長年の懸案であった理事の定足数不足の問題を解決した。それに加え、米国議会から史上最長となる7年間の再授権を勝ち取り、この期間は再授権法の審議無しに業務を継続できることになった。同5月に初の女性総裁となったキンバリー・リード氏の下、強固で安定的な業務基盤を整えて「復活」したことを国内外にアピールするまたとない機会として総会を位置付けていたはずだ。

    残り1016文字(全文1324文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事