経済・企業話題の記事

アップルが新iPhone 音楽・動画で2兆円増も ハードからサービスへ=南川明

     アップルが10月13日(米国時間)に発表したスマートフォン「iPhone12」は、高速通信規格「5G」に対応した同社初の機種であると同時に価格が安く設定されたことが注目点だ。ハード機器の販売から、音楽や動画配信などサービス収入の拡大を狙う経営戦略を加速していることの表れと言えるだろう。

     新型iPhoneは、最上位機種の「12プロ・マックス」は1099ドルから(日本国内の税抜き価格11万7800円から)と安くはないが、廉価版の「12」は799ドル(同8万5800円から)から、12より小型の「12ミニ」は699ドル(7万4800円から)からとした。

     昨年9月発売の「11」は日本での当初の価格設定は7万4800円で、12ミニと同価格だが、液晶ディスプレー搭載の11に対し、12では液晶より高価な有機ELを採用。だが、調達コストの増加を端末価格に転嫁しなかった。女性にも持ちやすい画面サイズ5・4インチの12ミニには人気が集まりそうだ。

    残り530文字(全文949文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事