教養・歴史

ニュートリノをめぐる冒険/2 大気ニュートリノ問題とニュートリノ質量=須藤靖 サイエンス最前線

    岐阜県飛騨市神岡町にある
スーパーカミオカンデ
    岐阜県飛騨市神岡町にある スーパーカミオカンデ

     前回の「ニュートリノをめぐる冒険①」は、素粒子としてのニュートリノ研究の歴史と、太陽ニュートリノと超新星ニュートリノの発見を紹介した。いよいよ今回は、梶田隆章氏のノーベル賞受賞対象となった大気ニュートリノ問題とニュートリノ質量について解説してみたい。

    大気ニュートリノの謎

     太陽ニュートリノは太陽の中心部で発生したニュートリノ、超新星ニュートリノは大質量星の最期の超新星爆発の際に発生したニュートリノであり、いずれも地球外の天体がその起源である。これに対して、大気ニュートリノは地球の大気中で発生したニュートリノである。そして、この大気ニュートリノこそ質量がゼロと考えられていたニュートリノに質量があることを証明するきっかけとなった。

     実は宇宙には高いエネルギーを持った大量の粒子が飛び回っている。これらの粒子は宇宙線と呼ばれ、常に地球にも降り注いでいる。その際、宇宙線の主成分である陽子は、地球の大気中の原子核と衝突して、パイ粒子と呼ばれる粒子を生成する。正あるいは負電荷を帯びたパイ粒子はミュー粒子とミューニュートリノに崩壊する。さらにこのミュー粒子は、地表に到達する前に、電子、電子ニュートリノ、およびミューニュートリノに崩壊す…

    残り3830文字(全文4350文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事