【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席

 菅義偉新政権に最優先でやってもらいたいことがある。それは、官僚の「忖度(そんたく)」と忖度が生む「不正」の撲滅だ。

「忖度」で注目を集めた森友学園事件。元財務省理財局長の佐川宣寿氏の指示で、森友学園への土地売却決裁文書から安倍晋三前総理夫人の昭恵氏の名前が出てくる部分などが削除される「公文書改ざん」が行われた。

 安倍氏が、自身または昭恵夫人いずれかが安値売却に関わっていたら、総理はもちろん議員も辞職すると国会で述べたことが契機となり、佐川氏は総理への「忖度」から部下に決裁文書改ざんを命じた。現場の近畿財務局の職員である赤木俊夫氏は涙ながらに改ざんをやめるよう上司に進言したが、他の官僚たちは反対しなかった。赤木氏が本件の不正を告発する手記を遺(のこ)して自殺した後も沈黙を貫いている。彼らも人の子。皆自責の…

残り474文字(全文830文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事