国際・政治ワールドウオッチ

ブラジル 増加する女性投資家=松本浩治

    個人投資家が増えるサンパウロ証券取引所 筆者撮影
    個人投資家が増えるサンパウロ証券取引所 筆者撮影

     ブラジル国内で株式に投資する個人が増えている。現地紙『エスタード』によると、今年3〜7月には90万人が株式取引の新規口座を開設し、全体で300万人を上回った。特に目立つのは女性投資家の増加で、ブラジル株式市場(サンパウロ証券取引所)で取引する女性投資家数は今年9月に約78万人と、前年同月(約39万人)に比べ倍増した。

     投資家が増えた背景には金利の低下がある。ブラジル中銀の政策金利(セリック金利)は2015〜16年、インフレ抑制のため14%を超えていた時期もあったが、現在は2%まで低下している。かつてのような高金利が得られなくなったため、配当や値上がり益を得られる株式投資に魅力を感じる個人が増えている。

    残り200文字(全文505文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事