国際・政治ワールドウオッチ

コロナ禍にもかかわらず韓国で高級ブランドが売れまくる理由

    商品年齢層の幅が広がったという見方も (Bloomberg)
    商品年齢層の幅が広がったという見方も (Bloomberg)

    韓国政府は10月12日から防疫水準を下げ、高危険施設として営業を停止していたカラオケ店やスポーツセンターなどに対して、マスク着用と出入者名簿を残すことを条件に営業再開を認めた。

    長い間続いた外出自粛の反動からか、デパートの売り上げが急増、特にシャネルやエルメスといった高級ブランドほど売れる傾向が強くなっている。

    現地の報道では、10月16~18日のロッテ百貨店の売り上げは前年同期比11%、新世界デパートは17・7%、現代デパートは13・8%増加。

    また、ユーロモニターの調査によれば、コロナの影響で2020年の世界ラグジュアリー市場規模が前年比18%減少するなかで、韓国だけは1%減にとどまる見込みだという。

    韓国産業通商資源部の調べでは、20年1~6月の高級ブランド店の売り上げは前年同期比9・2%増を記録した。

    証券業界では、韓国で高級ブランド品が売れる背景として、海外旅行で購入していたブランド品を国内で購入するようになったなどと分析。

    一方でこのような消費パターンは、米国のようにコロナ以降に株投資などで富裕層の資産はますます増えて貧困層は失業でますます貧困になる「K字型回復」の前触れではないかと懸念する声もある。

    (趙章恩・ソウル在住ジャーナリスト)

    (本誌初出 韓国 リベンジ消費で高級ブランド好調=趙章恩 20201110)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事