【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史不動産コンサル長嶋修の一棟両断

コロナ禍で多発中?「欠陥住宅」を見抜く3つのチェックポイント

建て売り住宅の施工不良が増加中・・・
建て売り住宅の施工不良が増加中・・・

とりわけ新築住宅の売れ行きが良い。それも自由設計の注文住宅ではなく、いわゆる「建て売り」が人気だ。

そこで問題なのは、急激な需要回復の陰で現場の職人や現場監督の数が足りなくなり、建物の不具合が目立つようになったことだ。

今回は施工不備で困らないために、建て売り住宅の「チェックポイント」をお伝えしたい。

細部をチェックし、是正してもらう機会は購入時しかない。

もっと言えば、引き渡し前に指摘事項を住宅メーカーに伝えなければ、直してもらえない場合もある。

入居直後に気がついた傷も「引っ越しの際にできた傷なのでは?」と言われてしまうリスクもある。

 不備の直しを確約しても「補修工事になかなか来てくれない」「残工事が延び延びでまだ終わらない」「外構工事まだなの……?」といったケースにも気をつけたい。

床下にカビの原因も

私たちは普段、床下や天井裏をのぞくことはないが、必ず確認したい場所。

床下の断熱材が脱落していることもある。天井裏で雨漏りしているかもしれない。

壁の内部は見えないが、床下や天井裏は建物を支える躯体(くたい)部分が見える数少ない箇所だ。

チェックすることで、その住宅メーカーの仕事ぶりを垣間見ることができる。

通水したところ、床下の水漏れが発覚した事例
通水したところ、床下の水漏れが発覚した事例

とある現場では、換気扇の周囲に白い斑点を見つけ、調べるとカビだった。

換気扇で常に床下内部の換気が必要だったが、ブレーカーがオフとなっていたために、換気できていなかったことが原因だ。

引き渡し前にカビを除去・除菌した後、無事に引き渡しされた。

こうした外から見えない空間で見つかる構造材の施工の間違いや、断熱材の取り付け忘れ、配管の水漏れといった施工不良は、耐震性の低下やカビ・シロアリを発生させるトラブルの元となる。

開かずの扉

戸などの建具は、購入時にすべて開閉してみよう。

建具は微妙なバランスの上に成り立っており、わずかなズレでも勝手に開閉してしまったり、開かなかったりするおそれもある。

玄関扉に始まり、キッチンの引き出し、物置の扉に至るまで、すべて開閉してチェック。

場合によっては、その場で修繕を依頼することも考えよう。

排水管が外れ水浸し

ウソのような話だが、さくら事務所のホームインスペクション(住宅診断)の経験で、水道の蛇口をひねると、排水管が外れていて床や床下が水浸しになった事例も少なくない。

引き渡し前の段階では水道やガスが使えないこともあり、引き渡し前のチェックができない場合もある。

風呂で湯張りができなかった、台所でお湯が出なかったという事例もある。

引き渡し前のチェックが望ましいものの、やむを得ない場合は引き渡し後、すぐに配管設備を確認しよう。

(本誌初出 施工不備は引き渡し前に確認を/69 20201110)


 ■人物略歴

ながしま・おさむ

 1967年生まれ。広告代理店、不動産会社を経て、99年個人向け不動産コンサルティング会社「さくら事務所」設立

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事