国際・政治ワールドウオッチ

香港 本土・マカオとの融合促進へ=江藤和輝

    香港に隣接する深圳のビジネス街 筆者撮影
    香港に隣接する深圳のビジネス街 筆者撮影

     中国の習近平国家主席は10月14日、深圳経済特区成立40周年記念式典に出席して重要講話を発表した。「1国2制度の基本方針を貫徹し中国本土と香港・マカオの融合を促進しなければならない」と指摘するなど7回にわたり香港に言及。粤港澳大湾区建設の契機を生かし、3地の経済運営ルールの接続を推進する方針を示したうえで、域内の鉄道建設加速などを要求した。

     これに先駆けて発表された「深圳が中国の特色ある社会主義先行モデル地区を建設する総合改革試行実施方案(2020〜25年)」でも「よりハイレベルな深圳と香港の協力推進」を提唱した。特に人民元の国際化で香港の役割は重要性を増している。

    残り240文字(全文527文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事