国際・政治ワールドウオッチ

インド コロナ禍で増える「ギグワーカー」=渡邉亜里紗

    インドでも拡大する宅配サービスの配達員 (Bloomberg)
    インドでも拡大する宅配サービスの配達員 (Bloomberg)

     コロナ禍で経済が落ち込む中、インドの労働市場で「ギグワーカー」の需要が拡大している。ギグワーカーとは、インターネットなどを活用し、個人が空き時間を活用して仕事を請け負う形態の労働者で、ライドシェアサービス「ウーバー」のドライバーなどがその代表だ。

     現地紙『エコノミック・タイムズ』によれば、インド調査対象企業145社のうち、半数以上がギグワーカーを雇用し、3分の2は今後5年の間にギグワーカーを増員す…

    残り302文字(全文503文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事