国際・政治ワールドウオッチ

ドイツ 危ぶまれるクリスマス市開催=高塚一

    デュッセルドルフのクリスマス風景 筆者撮影
    デュッセルドルフのクリスマス風景 筆者撮影

     ドイツの恒例行事である「クリスマス市」の開催が、新型コロナウイルスの影響で今年は中止となりそうだ。クリスマス市とは、12月のクリスマスに向けて国内の各地で行われる催しで、街の広場などに露店が並び、クリスマスの飾りや雑貨などが売られる。温かいワインを飲みながら、市を歩くのはドイツ人にとって季節の風物詩となっている。

     ドイツ国内では大小含め約3000のクリスマス市が開かれる。開催の可否は各都市が判断するが、すでにフランクフルト、デュッセルドルフに加え、南部バイエルン州のニュルンベルクも開催中止を発表している。同州の最大都市ミュンヘンでは、スペース拡大による対人距離の確保やアルコール類の飲み歩き禁止などの措置を打ち出した上でクリスマス市の開催を予定しているが、感染状況次第で中止もありうるという。

    残り157文字(全文507文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事