週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

SDGs達成に製造業投資を=高野久紀

雇用を通じて貧困削減

 近年、「SDGs(エスディージーズ)」が注目されている。SDGsとは、2015年9月に国連総会で採択された、30年までの国際社会の開発目標「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、15年までの開発目標を定めた「MDGs(Millennium Development Goals=ミレニアム開発目標)」の後継である。

 MDGsが途上国の貧困・教育・健康・環境問題に焦点を当てて8つの目標と21のターゲットを設定していたのに対し、SDGsは17の目標と169ものターゲットを設定している。注目が増すにつれ、企業もSDGsを掲げることで広告効果やビジネス機会創出が見込めるようになり、SDGsへの取り組みをアピールするようになってきた。もちろん真剣にSDGsに取り組む企業も多いが、一方で「とりあえずSDGsアピール」と…

残り2540文字(全文2936文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事