国際・政治話題の記事

緊急特集 大統領選3 日本株 バブル崩壊後の高値 年内2万6000円も=石黒英之

    日経平均株価は、前週末に比べ500円以上値上がりした(11月9日)
    日経平均株価は、前週末に比べ500円以上値上がりした(11月9日)

     世界が固唾(かたず)をのんで見守った米大統領選は、バイデン氏の勝利が確実になった。米上院を共和党が過半数を維持する観測が強まったことで、民主党の大規模増税策の実現可能性が低下したこともあり、米大統領選というリスクイベント通過後の世界の株式相場は買いで反応した。

     とりわけ上昇が目立つのは日本株。日経平均株価は11月9日、先週末比514円高の2万4839円と、約29年ぶりとなるバブル崩壊後の戻り高値をつけた。翌10日も続伸。11日には2万5000台にのせた。

     現在の日本株高の背景にあるのは、企業業績に対する期待感が高まっていることが挙げられる。

    残り1130文字(全文1404文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月25日号

    狙える不動産14 大手から個人まで 沸騰! 不動産投資 ■中園 敦二16 不動産CFの注意点 事業者の信用力や目利き力を要確認 ■成本 治男18 J─REIT 手堅くいくなら物流と住居系 ■関 大介21 インタビュー 唐池恒二 JR九州会長 「REIT参入で不動産事業拡大 貸倉庫・貸物流拠点も展開す [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事