教養・歴史書評

「極私」の日記として読み直す新たな試み=今谷明

     藤原定家(ていか)といえば、小倉百人一首や新古今和歌集撰者(せんじゃ)として、また「三夕(さんせき)」(新古今集の「秋の夕暮れ」を結びとする3首の名歌)の一人として、もっぱら歌詠(よ)みの側面が知られている。しかし『更級(さらしな)日記』の復元的研究から「定家仮名遣(かなづかい)」と呼ばれるように、王朝文学の研究家、国語学者としても専門家から重視されている。

     だが何と言っても、彼の日記『明月記(めいげつき)』の面白さから、主として歴史学者に鎌倉初期の記録家として尊重されているのは周知のところ。時代が公家政治から武家政治への転換期にあたり、源平の内乱、承久(じょうきゅう)の乱などにまたがることから、なおさら史家の注目を浴びて今日に至った。

    残り690文字(全文1013文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事