教養・歴史アートな時間

映画 バクラウ 地図から消された村 歴史、暴力、呪術、闘い…… ジャンルを越境する快作=怪作=勝田友巳

     南米大陸の映画は油断ならない。ドキュメンタリーでも娯楽作でも、気楽な話だと思っていると実は血塗られた歴史が沈殿していて、それが不意に顔を出す。

     いくつものジャンルが融合したようなこのブラジル映画も、予想を裏切りながら観客を引き回し、思いも寄らぬところに連れて行く。

     人里離れた片田舎にあるバクラウに、タンクローリーに乗ったテレサが帰郷する。祖母の葬儀のために、水を運ぶ車に同乗したのだ。久しぶりに村を訪れたテレサとともに、観客はバクラウに入り込む。

     バクラウは水が不足しがちで、原因は市長が利権のために造ったダムにあるらしい。再選を目指す市長が村人の歓心を買おうと訪れると、姿を隠し罵声を浴びせる。子どもたちに勉強を教える長老、少々いかれた老女医、犯罪の過去があるらしいリーダー格の男。わけありげなバクラウの村と住民たちを、思わせぶりに点描してゆく。

    残り835文字(全文1211文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事