教養・歴史アートな時間

舞台 十二月大歌舞伎 日本振袖始 大蛇退治=小玉祥子

    岩永姫を務める坂東玉三郎 撮影/篠山紀信
    岩永姫を務める坂東玉三郎 撮影/篠山紀信

    姫が姫を飲む「頽廃」の面白さ 坂東玉三郎待望の舞台に注目

     坂東玉三郎が、12月の歌舞伎座第四部で「日本振袖始(にほんふりそではじめ) 大蛇退治」の岩長姫を勤める。

    「ちょうど1時間の歌舞伎らしい舞踊です」と話す。

    「日本書紀」「古事記」の神話の世界に由来する素戔鳴尊(すさのおのみこと)の大蛇退治に題材を得た近松門左衛門作品。原作は享保3(1718)年に人形浄瑠璃で初演された。五段からなるが、現在、歌舞伎や文楽で主に上演されるのは、五段目部分にあたる今回と同じ「大蛇退治」の場面だ。

     1971年に六世中村歌右衛門が歌舞伎舞踊として復活させた。玉三郎は98年6月に歌舞伎座で新たな振付で初演して以来、回数を重ねている。

    残り993文字(全文1300文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事