国際・政治ワシントンDC

コロナ影響、若い世代に 瓶詰作りが人気=小林知代

    タマネギ、スパイスなどバリエーション豊か(筆者の長男撮影)
    タマネギ、スパイスなどバリエーション豊か(筆者の長男撮影)

     毎週日曜日に近くの小学校で開かれる青空市場は、屋外であることもあり、新型コロナウイルス感染拡大後でも列ができるほどの盛況である。近隣の農家が持ち込んだ野菜、果物はもちろんのこと、きのこ、ソーセージ、チーズ、ペストリー、アップルシュトゥルーデル(オーストリア版アップルパイ)、コーヒー、焼酎など多彩なお店が立ち並ぶ。そこにある「世界3大ピクルス」と看板がかかったテントは、筆者のお目当ての一つだ。

    「世界3大ピクルス(酢に漬けた野菜)」とは何か。ドイツのザワークラウト、米国のピクルス、そして韓国のキムチだそうだ。店のオーナーによると、残念ながら、日本の大根の漬物は選から漏れた。このテントはいつも大人気で、大きな容器にキムチを買っていく姿を見て、はまっている米国人がたくさんいるんだなあと感じる。

    残り960文字(全文1308文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事