国際・政治エコノミストリポート

タイ 緊迫化する反政府デモ 入国規制で沈む観光立国タイ 王室への不満爆発させた生活苦=北野ちぐさ

    「反独裁」を意味する3本指を立て、デモを続けるタイの若者たち
    「反独裁」を意味する3本指を立て、デモを続けるタイの若者たち

     タイの首都バンコクで9月19日、学生団体が主催する大規模な反政府デモが行われた。会場となった名門タマサート大学は、1973年のクーデター「血の日曜日事件」で多くの犠牲者を出した民主化の象徴的な場所だ。デモ隊は翌20日、ワチラロンコン国王に宛てた抜本的な王室改革を求める公開書簡を手に、王宮まで行進。現地メディアなどによると参加者はおよそ5万人に上り、2014年のクーデター以来、最大規模のデモとなった。

     10月には、政府が大規模集会をもくろむ学生たちの動きを封じようと、首都バンコクを対象に非常事態宣言を発令。学生たちはそれに逆らって5日間に及ぶデモを強行し、警察が主催団体のリーダーなど20人以上を逮捕、デモ隊を高圧放水で強制排除するなど、事態は緊迫度合いを増している。

    残り3501文字(全文3838文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事