テクノロジーもうかるEV・電池・モーター

EVで買われる注目31銘柄=小林大純

詳しくはこちら

 日本電産の株価が好調だ。新型コロナウイルス感染拡大後の3月23日に2017年以来の安値4838円(取引時間中)を付けてからは一本調子の上昇が続き、11月24日には上場来高値1万1990円(同、株式分割考慮)を付けている。同社は電気自動車(EV)用のトラクションモーターを成長事業に位置付けているが、世界的にエコカーシフトが進むなかで積極投資が奏功。とりわけエコカー推進を進めている中国や欧州でシェアを拡大していることが、高く評価されているためだ。

 米国では民主党のバイデン前副大統領が大統領選を制したことがほぼ確実視されている。同氏の大統領就任とともに米国も国際的な環境規制の枠組みであるパリ協定に復帰するとの期待が高い。株式市場では関連銘柄が動意づき、モビリティー分野でもEV・燃料電池車(FCV)への関心が高まっている。

残り1463文字(全文1833文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事