テクノロジーもうかるEV・電池・モーター

テスラの強さ 本質はEV業界の「GAFA」 ソフトとデータでもうける構造へ=中西孝樹

化石燃料依存に終止符(イーロン・マスクCEO)(Bloomberg)
化石燃料依存に終止符(イーロン・マスクCEO)(Bloomberg)

 今年7月、新興EV(電気自動車)メーカー、米テスラの時価総額が世界最大の自動車会社であるトヨタ自動車を抜き去ったことが話題を呼んだが、その後も株価は上昇を続け、11月19日現在で4733億ドル(約50兆円)に達している。日本の乗用車メーカー8社合計の時価総額を凌駕(りょうが)する存在にまでなった。

 自動車産業が100年に1度というCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)革命を迎え、アフターコロナの自動車の新常態(ニューノーマル)は革命的変化を一段と手繰り寄せる。自動車産業にもデータやソフトウエアで基盤を構築し、指数関数的な成長を実現するプラットフォーマーの登場が予見される。テスラに与えられた評価基軸とは、こういったIT企業のようなプラットフォーム価値なのである。

残り2066文字(全文2410文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事