国際・政治ワールドウオッチ

タイ 日系小売りが続々撤退=増田篤

    サイアム高島屋が入る大型複合施設 (Bloomberg)
    サイアム高島屋が入る大型複合施設 (Bloomberg)

     今年3月、伊勢丹バンコク店が8月末で閉店、28年の歴史に幕を閉じるとのニュースがタイの日本人に衝撃を与えた。10月末には、1985年開業のバンコク東急百貨店が来年1月末で閉店すると発表した。タイの日系百貨店の先駆けは64年に出店した大丸だ。タイ初のエレベーターが設置され注目を集めた。その後そごう、ヤオハンが出店。当時の先進国だった日本のデパートは経済成長期を迎えていたタイの消費者にとってあこがれの場所…

    残り306文字(全文509文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事