国際・政治ワールドウオッチ

英国 労働者の9割が「能力不足」=酒井元実

    人々の間に差別意識が根強く残る…… (Bloomberg)
    人々の間に差別意識が根強く残る…… (Bloomberg)

     英国国内のデジタル変革が推し進められる中、職業訓練が不十分な人々に対する雇用確保の問題が徐々に大きくなっている。米マッキンゼーは英国の労働市場について、労働者に対して職業訓練やスキルアップの機会を設けなければ近い将来、9割を超える人々が仕事を遂行するのに十分なスキルを持てないという厳しい分析を明らかにした。

     同社は、新型コロナウイルスの感染拡大で、社会のデジタル化がより加速することに伴い、特に売り場店員など単純労働者が機械に置き換わることで近い将来、職を奪われる可能性が高いと指摘。経営者らが積極的にこうした人々にスキルアップの機会を与えなければ、2030年時点で全労働者の3分の2にあたる約2300万人はデジタル化への知識を十分に持てず、ホワイトカラーでも約1000万人は管理職になるためのスキルが不足…

    残り145文字(全文500文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事