経済・企業もうかるEV・電池・モーター

EV用電池「国盗り物語」=編集部

 世界で電気自動車(EV)が本格的な普及期を迎えつつある。完成車メーカーがEVの生産・販売を急ぐ中で、成否を左右するのが基幹部品のリチウムイオン電池だ。

 EV車載用電池の世界の市場規模は金額ベースで2018年の1兆3400億円(実績)から20年には1兆7000億円(見込み)へ堅調な拡大が予想され、さらに21年からは成長ペースが加速し、35年には15兆円に達する可能性がある(図)。この巨大な成長市場で、中国、韓国、日本の電池メーカーが覇権争いを展開している。

 現在の主力メーカーは中国の寧徳時代新能源科技(CATL)、パナソニック、韓国のLG化学の3社だ。ガソリンなど内燃機関車のエンジン開発は先進国メーカーが中心だったが、電池はCATLの勢いが鮮明だ。中国政府がEV用電池の開発を国策として打ち出し政府からの補助金で多額の設備投資が可能になっていることが背景にある。

残り509文字(全文894文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事