経済・企業もうかるEV・電池・モーター

自動車部品 「電動化」で加速する再編 日本電産が台風の目に=遠藤功治

買収でメガサプライヤーに名乗りか(日本電産の永守重信会長) (Bloomberg)
買収でメガサプライヤーに名乗りか(日本電産の永守重信会長) (Bloomberg)

詳しくはこちら

 大半の企業で2020年度中間決算(一部は第3四半期決算)発表が終了した。自動車関連業界では、半年前の本決算発表時には、新型コロナの影響で多くの企業が通期予想を未定、ないしは大幅な減益・赤字予想としていたが、中間決算では一転、増額修正が相次いだ(表1)。中国や米国の新車販売が想定以上に回復、徹底的な原価低減活動や経費削減、投資等の先送りなどで、業績はV字回復の様相を呈している。多くの経営者にとって、一旦は胸をなでおろす状況となっている。だが、これでウィズコロナ、あるいは、アフターコロナの体制が整った、などと考える経営者は、少なくとも自動車関連業界にはいまい。

残り2341文字(全文2630文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事