経済・企業独眼経眼

経済損失の小ささを喜べない日本=斎藤太郎

     2020年7〜9月期の日本の実質国内総生産(GDP)は前期比年率換算で21・4%増の高成長となったが、米国の33・1%、ユーロ圏の60・5%を下回った。

     日本のリバウンドが小さかった一因は、新型コロナウイルスの影響を主因とした20年1〜3月期、4〜6月期の落ち込みが欧米よりも小さかったことだが、コロナ禍の落ち込みからの回復率(1〜3月期と4〜6月期の落ち込み幅に対する7〜9月期の増加幅)で見ても、日本は52・2%にとどまり、米国の65・7%、ユーロ圏の70・7%に劣っている。

     コロナ禍からの立ち直りが早かった中国は、20年1〜3月期こそマイナス成長となったものの、4〜6月期にはプラス成長に転じ、回復率(1〜3月期の落ち込み幅に対する4〜6月期と7〜9月期の増加幅)は132・4%に達している。

    残り966文字(全文1317文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事