経済・企業話題の記事

携帯料金 ドコモが“満額回答” 次の焦点はM&A=天野浩徳

    新料金プランを発表したNTTドコモの井伊基之社長(中央)
    新料金プランを発表したNTTドコモの井伊基之社長(中央)

     NTTドコモが12月3日に発表した新料金プラン「ahamo(アハモ)」が、業界を騒然とさせている。同プランのデータ通信容量は20ギガバイトで、使い切った後も1Mbps(毎秒1メガビット 通信可能)の通信で利用できるほか、音声通話は1回当たり5分以内の「通話し放題」で、別途月額1000円で「かけ放題オプション」も用意した。サービス開始は2021年3月からで、利用料金は2980円(税別)だ。

     これまでの携帯電話会社の料金引き下げは、安価に見えても実際は光回線や電力契約などオプション加入が条件だったり、契約変更に伴う手数料や解約金などが必要だった。しかし、今回はそうした巧妙な仕掛けがないシンプルな設計で、かつ他社プランと比較しても圧倒的に安価と言えよう。ドコモの思い切った料金プランの発表の背景には、菅義偉政権が目玉政策として、料金の引き下げを各社に要請していたことに加え、ドコモならでは…

    残り836文字(全文1232文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事