法務・税務話題の記事

“ポストコロナ”の税制改正 「DX・脱炭素」企業は減税 格差、GAFA課税に言及せず=森信茂樹

    経済再生につなげられるか (Bloomberg)
    経済再生につなげられるか (Bloomberg)

     与党自由民主党と公明党は12月10日、2021年度の税制改正大綱を決定した。今回の改正では、日本が直面する三つの大きな課題に、租税特別措置で正面から対応した点が特色だ。

    詳しくはこちら

     一つ目は「ポストコロナの経済再生」だ。クラウド化などデジタル環境の構築による事業変革を行う場合への減税、厳しい経営環境にあっても研究開発投資を増加させる企業に対して追加的な減税を行うことなどが盛り込まれた。

     注目すべきは、デジタル技術を用いた企業活動を変革する「DX(デジタルトランスフォーメーション)」など、抜本的な企業変革に向けて果敢に投資を行う企業に対しての特例控除だ。5年間、投資額の範囲内で、繰越欠損金の控除上限を100%まで可能とし、企業のV字回復を促す。

    残り1051文字(全文1378文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事