国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 年金が排ガス違反企業に制裁?=斎藤康弘

    ニューヨークでは低酸素社会を目指した取り組みが進む (Bloomberg)
    ニューヨークでは低酸素社会を目指した取り組みが進む (Bloomberg)

     ニューヨーク州年金基金は、2040年までに温暖化ガスゼロを目指す計画を策定しない企業について、今後5年間で株式の売却を検討する方針だと発表した。

     ディナポリ州財務長官が12月9日行った声明で明らかにした。資産の規模が約2260億ドル(約23兆5000億円)と全米3位の巨大年金ファンドによる新方針は、他の年金基金や金融業界のみならず、米国のビジネス全体に影響を与えそうだ。

     既にニューヨーク市やサンフランシスコ市の年金基金は化石燃料関連企業の株式を売却する方針を掲げており、ニューヨーク州年金基金も数カ月ほど前から石炭関連企業株の売却を進めてきた。しかし、今回の新方針で、売却の対象は化石燃料関連株だけでなく、同年金が所持する製造業や運送業や公共事業を含むさまざまな企業の株式が検討対象となり、温暖化ガスの排出制限を求められるため、そのインパクトは非常に大きい。

    残り135文字(全文517文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事