国際・政治ワールドウオッチ

ドイツ 青空市場の宅配サービス=柿添紘光

    旬の食材とともに手書きのメッセージも 筆者撮影
    旬の食材とともに手書きのメッセージも 筆者撮影

     2020年のドイツ経済の大きな変化は、宅配サービスが充実したことだ。密集回避を訴える政府方針のもと、食材の買い物でも変化が見られた。その一例が「青空市場」だ。

     青空市場の魅力は、新鮮な野菜や肉などの食材と、販売員との会話でのやり取りだ。しかし、ロックダウンの影響で市場での買い物を控える人も多くなった。そこで青空市場は地元のベンチャー企業と組み、客と出店者をネットでつなげる宅配サービスを取り入れた。

     ユニークな点は、EC(電子商取引)サイトを構築するのではなく、メールで購入希望の品目を集めて宅配するというスタイルを取っているところだ。購入者は店舗の種類と写真から、取扱商品を推測して注文しなければならない。やや常連に重きを置いていると言えるが、旬の食材に柔軟に対応できるメリットもある。

    残り163文字(全文509文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事