週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

“水道料金値上げ”選ぶ「将来人」=花木伸行

    2016年2月の矢巾町でのワークショップの様子。法被を着た仮想将来世代グループと現世代グループが討議した 原圭史郎氏提供
    2016年2月の矢巾町でのワークショップの様子。法被を着た仮想将来世代グループと現世代グループが討議した 原圭史郎氏提供

    次世代に負担先送りしない発想に

     将来世代になりきって政策を考え、実践していく「フューチャー・デザイン(FD)」の手法を導入する自治体が増えている。

     FDは2012年、大阪大学にいた西條辰義(現・高知工科大学特任教授、総合地球環境学研究所特任教授)、原圭史郎(大阪大教授)両氏らが中心となって提唱された。環境問題や財政赤字といった世代をまたいだ資源配分の問題では、現世代は目先の負担が小さい選択をし、将来世代の負担が大きくなりがちだ。そこでFDでは、将来世代になりきる「仮想将来人」を設定し、社会の仕組みや政策を考える。

    残り2488文字(全文2747文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事