経済・企業AI図解 日本の未来

第11回 ゲノム医療普及で、タカラバイオに特需=ゼノデータ・ラボ

    詳しくはこちら

     患者一人ひとりの遺伝子情報を解析し、最も効果的かつ効率的な診断や治療を行う「個別化医療」が世界的に推進されている。難病治療などを対象に実用化が進められており、がんを治療する「ゲノム医療」もその一つだ。ゲノム医療で使用される「がん遺伝子パネル検査」の一部は、2019年6月から保険適用が開始された。また、遺伝子の解析時間やコストも徐々に改善されてきており、より多くの人の手に届きやすくなっている。

     ゲノム医療の普及は、日本企業にどのような影響を及ぼすのか。AI(人工知能)を使った経済予測システム「ゼノブレイン」を使い、国内上場企業の中からプラスの影響が特に大きい企業をランキング形式で分析した(表)。

    残り782文字(全文1090文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事