週刊エコノミスト Online

イランを追い詰めたトランプ 中東の後始末に追われるバイデン=福富満久

     2021年の中東情勢は、どのような展望を描けるだろうか。最も重要なのは、イランの動向だ。

     トランプ米政権の中東外交を総括すれば、中東に紛争の火種をばらまいた4年間だった。まず、オバマ前大統領が長い時間をかけて達成したイランとの核合意を離脱、経済制裁を再開したのは衝撃的な出来事だった。イスラエルが首都と主張するエルサレムに米大使館を移転し、イランが敵視するイスラエルに対する全面的支援をアピールしたのも衝撃だった。

    残り2406文字(全文2614文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事