週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

円高の犯人は安全通貨神話=吉田裕司

    理論で説明できない為替市場

     外国為替市場における近年の日本円実効為替レート(円平均レート)を見ると、円高に動いた局面が何度かある。

     まず、グローバル金融危機が顕在化した2008年9月。16年の米国大統領選時と英国のEU(欧州連合)離脱問題が顕在化した際にも、大きく円高方向に動いた。

     そして20年、新型コロナウイルスの感染拡大によってグローバルリスクが高まる中、円高が進んだ。3月9日には対ドルで最大3・6%の円高となった。

     このような動きは、為替レートのファンダメンタルズ(基礎的要因)によるものなのか。それとも、日本円がリスク回避の安全通貨と認識されているためなのか。為替レートの理論モデルに言及しながら検討してみたい。

    残り2095文字(全文2407文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事