教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

中間管理職に昇進。心構えや哲学的アドバイスをお願いします/67

 Q 中間管理職に昇進。心構えや哲学的アドバイスをお願いします

 A 全体最適を念頭に朝令暮改もよしとし、大事なことを仕損じないようにしよう

 中間管理職になったのですが、どういう心構えで臨めばいいのか、哲学的な面でアドバイスはありますか。新任課長研修は受けましたが、部下の扱いやパワハラ防止策など技術的なことばかりで心許ないです。(営業職・38歳男性)

 昇進、おめでとうございます。今の時代、上から下からさまざまな注文が舞い込み、中間管理職は大変なポジションだと言われます。が、逆に一番重要な役割でもあります。大事なことは、“全体最適のため”に働くことだと思います。

残り1023文字(全文1305文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事