教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

企業の社会貢献と利潤追求のバランスの取り方に腐心しています/68

 Q 企業の社会貢献と利潤追求のバランスの取り方に腐心しています

 A 弱者を思い、仁徳を重視する経済行為「道徳経済合一説」で線引きを模索しよう

 昨今、企業の社会貢献のあり方などを踏まえて評価するESG(環境・社会・企業統治)投資という言葉が聞かれるように、単にお金をもうけるだけの経営は否定されつつあります。とはいえ、企業はボランティア集団ではないので、そのバランスをどうとるべきか悩んでいます。

残り1137文字(全文1335文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事