教養・歴史書評

法秩序重視の民族が好戦国家になる経緯分析=本村凌二

 20世紀初頭、世界のユダヤ人口はおよそ1100万人だったが、その半数がロシア帝国内に住んでいたという。その前世紀末からユダヤ人はアメリカやパレスチナに移住し始めており、ホロコーストによる破壊やソ連崩壊の混乱を経て、現在のユダヤ人口は少なくとも1500万人に達する。イスラエルに650万人、アメリカに600万人弱が暮らしており、1桁減って、仏、加、英、アルゼンチン、露とつづく。

 さかのぼれば、ローマ帝国に屈服して以来、ディアスポラ(離散)のユダヤ人は、迫害されても武力に訴えて反抗することなど、ほとんどなかった。ところが、耐え忍んでいたユダヤ人の間で、19世紀末ごろから、ユダヤ人国家をつくろうという運動(シオニズム)が目立つようになった。それはなぜだろうか。

残り568文字(全文899文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事