経済・企業注目の特集

東芝が東証1部復帰 改革で負の遺産処理 鍵は半導体会社上場=和泉美治

車谷暢昭 東芝会長CEO(最高経営責任者)
車谷暢昭 東芝会長CEO(最高経営責任者)

 東京証券取引所が1月22日、東芝を29日付で東証1部に指定すると発表した。2017年8月の2部降格以来、実に3年半ぶりの返り咲きで、発表を受けて週明け25日の東芝株は大幅に上昇した。

 東証の規則では、通期決算が債務超過となると1部から2部に降格となる。東芝は06年に買収した米原発大手ウェスチングハウスの破綻を主因に17年3月期に9656億円の最終損失を計上し、債務超過に転落していた。

 2年連続で債務超過になれば、上場廃止のリスクもあった。だが、17年12月に海外の複数の投資家を引受先にした6000億円規模の第三者割当増資や資産売却などによってこれを回避。18年4月には車谷暢昭氏がCEOに就任し、半導体子会社「東芝メモリ」の株式譲渡、海外原子力事業からの撤退、液化天然ガス(LNG)事業の売却、といった事業構造改革を加速させ、財務も安定したことから、20年4月に東証と名古屋証券取…

残り564文字(全文958文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事