国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 閑散とする高級物件=斎藤康弘

    繁華街ハドソンヤードの小売エリアも人影が絶えた (Bloomberg)
    繁華街ハドソンヤードの小売エリアも人影が絶えた (Bloomberg)

     不況の影響を受けにくいといわれているマンハッタン屈指の高級不動産にも、「試練」が訪れている。

     ミッドタウン西部の「ハドソンヤード」は2019年、マンハッタン大型再開発事業としてオープンした。オフィス、住居用などの高層ビルが建ち並び、大型テナントも多く入居した。しかしコロナの影響で、稼ぎ頭である住居用の物件の売却にブレーキ。オフィスはほぼ借り手がついたものの、在宅勤務が続き、閑散としている。その影響もあり、…

    残り308文字(全文513文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事