国際・政治ワールドウオッチ

インド 電子機器の価格上昇懸念=榎田真奈

    インドで販売されている中国メーカーのスマートフォン NNA撮影
    インドで販売されている中国メーカーのスマートフォン NNA撮影

     インド政府が2月1日に発表した来年度(2021年4月~22年3月)予算案で電子機器部品の関税を引き上げたことで、スマートフォンや家電などの価格が上昇する恐れがある。

     政府は国内生産の促進などを目的に、400品目で関税の免除を見直す方針だ。電子機器分野では充電器や携帯電話の部品の一部に対して、免税やゼロ関税を見直した。

     業界は反発している。インド携帯電話・電子機器協会(ICEA)は電子・情報技術省宛てに、「関税引き上げで業界に失望感が広がっている」と訴える書簡を送付した。同協会のパンカジ・モヒンドロー会長は、最終製品、半製品ともに製造コスト上昇で打撃を受け、「短期的に国内生産を後退させる恐れがある」と指摘した。

    残り188文字(全文497文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事